Model Career Plan
キャリア・プランのモデル

キャリア・プランのモデル

当事務所でキャリアをスタートさせた弁護士の成長過程は人によってさまざまです。本人の希望、実際に担当した業務の内容、家庭の状況、偶然その他いろいろな要素によって異なり、まさに十人十色です。

以下は、ある弁護士のキャリア育成の過程をサンプルとして紹介します。

あるM&Aを専門とする弁護士の
キャリア育成過程の例

1-2
年目
  • AMTでの弁護士としての第一歩をスタート。
  • デューディリジェンス、リサーチ、クライアントとの会議・連絡、準備書面のドラフト、事実関係調査業務などで多忙な毎日を送った。
  • クライアントとの直接のやりとりを任されることが徐々に増えた。
3
年目
  • M&A案件で、ある程度自分で切り盛りできる部分が増えてきた。
  • チーム編成を自ら考え、案件をリードするパートナーやシニア・アソシエイトのもとで、案件を回せるようになった。
  • 大型M&A案件のDD隊長に抜擢され、10人の後輩アソシエイトを率いて苦労したが、経験値は急上昇した。
4
年目
大手金融機関の投資銀行部門に出向し、かねてから興味があったM&Aの実務をクライアントの目線で深めることができた。
5-6
年目
  • 更なる成長のために、米国東海岸のロースクールに留学。
  • 米国の一流ローファームにて1年間の研修を行った。
7-8
年目
  • 帰国後、シニア・アソシエイトとして、大型M&A案件を担当。相手方との交渉を主として担当し、クロージングまで導いた。
  • 留学に行く前よりも任される範囲が広くなり、忙しいが充実した毎日を送った。
9
年目
パートナーに就任し、多数のM&A案件を受任して、充実した毎日を送っている。かつての自分を思い出しながら、若手アソシエイトの育成にも精力を注いでいる。

Apply

〒100-8136
東京都千代田区大手町1-1-1
大手町パークビルディング
「アンダーソン・毛利・友常法律事務所」は、アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業および弁護士法人アンダーソン・毛利・友常法律事務所を含むグループの総称として使用しております。
Apply